クールサーモ  (FA/FBエンジン不可)

開弁温度を純正より7℃低い71℃に設定。ラジエターからの冷却水をより早く循環させることで水温上昇を防ぎ、EJエンジンの適正水温域を維持します。

型 式 (FA/FBエンジン不可)
[品番:0310002]
¥6800+ 税
[JAN:4527525197269]

仕 様

備考 開弁温度71℃
※サーモスタットはエンジンとラジエターとの間に存在する弁のこと。エンジンが始動してから適正水温になるまで弁は閉じています。しかしそのままではエンジンがオーバーヒートしてしまうため一定の水温において弁が開きラジエターとの冷却水交換が始まります。(スバル純正は78℃にて開弁)サーモスタットの開弁温度を低いものへ交換することでエンジンとラジエターの冷却水循環を早めて水温上昇を防ぐことができます。
純正のラジエターを活かして適正水温域をキープするためにサーモスタットの開弁温度を適正化。
クーリングというと、夏季の猛暑対策で冷やすことだけを考えがちですが、実際には冬季のオーバークールにも気を使わなければなりません。開弁温度が70℃以下では、1年を通じて適正水温域を保つことができず、夏季は良くても冬季はオーバークールになります。1年を通じて適正水温域を確保するには開弁温度71℃がベストです。

製品イメージ

製品特徴

<こんな人におすすめ!>
●スポーツ走行が多い人に
●渋滞路を走ることが多い人に


[[スバル最適71℃開弁]][[最適水温域を維持]]
[[冷却効率アップ]]

スバル車専用設計。エンジンパワーを最も引き出しやすい水温域は70~80℃です。クールサーモは、オーバーヒートだけでなくオーバークールも効果的に抑制するため、開弁温度を純正より7℃低い71℃に設定。ラジエターで冷えた冷却水をより早く循環させることで水温上昇を防ぎ、EJエンジンの最適水温域を維持します。エンジンストレスを軽減し、スバル本来の性能を引き出すだけでなくエンジン保護にもつながります。
※交換時には、クールLLCのご使用をお勧めします。

適合車種

EJ20、EJ25エンジン対応
※FA/FB型エンジンには適合しません

関連製品