スーパーメタルフロントパイプ  GRB

インプレッサGRB専用メタル触媒採用により触媒部での排気抵抗を大幅に低減。タービン稼動を高効率化。レスポンスアップ、高回転域からの車速の伸びを実現。

型 式 GRB
[品番:0517015]
¥150000+ 税
[JAN:05170159]

仕 様

備考 車種別排気ガス試験証明書発行のためご注文の際には車検証コピーが必要です。

製品イメージ

メタル触媒

製品特徴

触媒機能を高めるために、使用用途に合う最適な元素組成比をもつ白金合金の開発をスタートして10年。平成17年度排ガス規制を十分な余裕を持ってクリアしながら、純正と比較して触媒部での排気抵抗の大幅な低減に成功。

白金族元素(Platinum Group Metals : PGM)の元素組成比に徹底的にこだわりました。その他にも、背圧のかかり具合、触媒担体のアスペクト比など、10年の開発実績が生み出したスーパーメタルフロントパイプ。

排圧低減による効率アップで高回転域でのパワーアップを実現。タービン稼動を高効率化することで、実際に運転して体感できるほどのレスポンスアップ、高回転域の車速の伸びを実現しています。
純正の触媒では排気抵抗が大きく、ブーストを上げてもタービン出口で排気が詰まり、その効果は半減してしまいます。マフラーを換えても純正フロントパイプで詰まってしまうので効果が薄いと感じられているオーナー様に贈る本物を追求したアイテムです。
また排気効率だけでなく排気ガス浄化性能や耐久性など、環境性能との両立を目指し開発。安心の排気ガス試験証明書付属。長期にわたる品質維持を実現。体感性能と品質を求めるオーナーに長い間安心してお使いいただけます。

また、バンテージを巻くより簡単で、耐久性も高く、高温になる触媒担体付近の温度を未装着状態より約半分にカットできる弊社製品のメタル触媒遮熱板120Φタイプ(別売)と90Φタイプ(別売)との併用をお薦めします。熱に強くさびにくいステンレスSUS304を美しく磨き上げたスーパーメタルフロントパイプ専用遮熱板。触媒周辺温度を約50%下げることでドライブシャフトやトランスミッションを高熱から守ります。また、車両下側の触媒は雨水や突起物、飛び石など過酷な環境にさらされます。従来の遮熱方法であるサーモバンテージでは破れて外れる恐れがありましたが、耐久性のあるステンレス遮熱板を取り付けることでこれらの問題を解決するとともに、ボルトオン取り付けとすることでバンテージを巻く手間も省けます。隠れたアクセントとしても効果的な機能パーツです。

※白金族元素とは周期表の第5~6周期、第8~10族に位置する元素、ルテニウム(Ru)、ロジウム(Rh)、パラジウム(Pd)、オスシウム(Os)、イリジウム(Ir)、白金(Pt)などのことをいいます。

適合車種

車名:インプレッサ 型式:GRB アプライドモデル:A~ 年式:H19.11~

関連製品